住職と副住職の紹介

慎福寺第20世住職の吉田秀央。

昭和19年生まれ。東京生まれの東京育ち。

中学生時代に全国綴りかた(作文)コンクールで文部大臣賞を受賞。新聞配達少年であった日常を描いた受賞作『朝を呼ぶ口笛』は映画化され、あの大女優吉永小百合さんのデビュー作にもなりました。

その後の様々な人との出会い、紆余曲折の昔話は長くなるので割愛。(本人から聞いてください。ただし時間に余裕のある時に。長くなるので…)

 

55歳を機に退職し、慎福寺第20世住職に就任。

以後、お寺の在り方を見つめなおし、いいお寺やお坊さんってなんだろうと模索しながら奮闘中です。

慎福寺第21世住職(予定)の副住職吉田周覚です。

昭和47年生まれ。こちらは鈴鹿生まれの鈴鹿育ちではありますが、学生時代からあちこち居を移し、最近の10年間は総本山長谷寺ですごしてきました。

 

平成23年にはようやく慎福寺に戻り副住職を務めながら、現在も本山職員として奉職中です。